サイトへ戻る

コンステレーションとの遭遇

· アプローチについて

コンステレーションのワークは、

ときに「演劇的」に感じることがあります。

ワークでは、クライアントの心象風景を、フィールドに立った参加者が、

そのとき、その場で感じたことを表現していくことで、

即興演劇のように、つぎつぎと一幕、二幕、三幕、、と物語が展開していくからです。

初めて、いち参加者として参加したとき、正直ギョッッととしました。

私は高校の時は、ミュージカル部で大げさな表現は慣れっこというか好きな方ですし、

小劇場の演劇も見たことがある方です。

それでも、クライアントとは初めての代理人の方が、

クライアントの方が「ウンウン」とうなずくような情報を的確に表現する様子に、

(ときには号泣すら、、)

「ぎょぎょぎょ。なんで・・・?来ている方は洗脳されているのかしら?

あるいは霊媒師か何かでしょうか・・・?

いや〜やばいところ来ちゃったかな〜汗汗。」

というような感じ。

3年前、初めてワークに参加した私はこんな感じでした。

その後、実際、自分が代理人をしてみたり、

友人を誘って代理人をしてもらったりしてきました。

そしたら、なんと、私も、どなたでも、

代理人として、何かしら感じることがあるのです。

どこか奥深くでクライアントの「人生の物語」にしみじみ共鳴しているのです。

しかも、それは、クライアントにとって、だけでなく、

自分自身にとっても、意味のある気付きを得られる体験となるのでした。

コンステレーションに出会って以来、

ひとには、普段つかっていない能力や感覚がたくさんあるのだと

なおさら強く思うようになりました。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK